WHAT'S NEWS
      2019.8.1  永代経(えいたいきょう)
      2019.8.1  暮らしの仏教用語「世間(せけん)」
 

永代経(えいたいきょう)

永代経とは、自分自身が仏法を聞き・学び続ける機会を戴くこと
   永代経とは永代読経の略で、ご門徒からのご依頼を受けて、亡き人の毎年の命日などに、永代にわたって寺院でお経をお勤めし、お経を相続していくものです。
 つまり、生きている私たちが、自分に先立って人生を歩み、終えていかれた大切な方がいることをいつまでも忘れぬよう、そしてその方をご縁に、仏さまの教え(お経)の前に身を据えて、自分自身が仏法を聞き・学び続ける機会となるよう、またそれが相続されていくように、毎年欠かさず勤められているのです。
ですから永代「読経」と言うのです。
 自らがお参りすることなく、お寺に委ねてしまうようなことのないよう、必ずお寺にお参りをしましょう。
法座のご案内
8月 盂蘭盆会法要■
 8月14日(水)、15日(木) 
      14:00 勤行・法話「正信偈に学ぶ」
16:00 念珠・竹灯籠作り
             (19:00より 竹灯籠点灯)