WHAT'S NEWS
      2019.10.1  恩徳讃
      2019.10.1  暮らしの仏教用語「流通(るずう)」
 

恩徳讃(おんどくさん)

如来大悲の恩徳は 身をこ粉にしても報ずべし

師主知識の恩徳も ほねをくだきても謝すべし 

    
 浄土真宗では、法要や法座の最後に皆でこの「恩徳讃」を美しいメロディーにのせて唱和します。おことばが心に響いてきますね。

 恩徳讃は、親鸞聖人が書かれた『正像末和讃(しょうぞうまつわさん)』の中にあるお言葉です。 恩徳讃の恩徳とは、恩も徳も同じ意味で、ご恩のことです。恩のことを歌の形で教えられたのが恩徳讃です。私たちは多くの方のおかげで生きていくことができます。まずは親、そして友達、学校の恩師などが出てくると思います。では、恩徳讃ではどなたからの恩について教えられているのかといいますと、如来大悲(にょらいだいひ)と師主知識(ししゅちしき)からのご恩です。 

 阿弥陀如来の大慈悲を教えられたお釈迦さまの教えを聞いて、他力の信心をいただいた人は、如来大悲に深くご恩を感じるようになります。それが「身を粉にしても報ずべし」です。深く如来大悲の恩徳を知らされ、知恩、感恩、報恩の人生を歩むようになります。
 師主知識とは、師主も知識も同じ意味で、仏教の先生のことを言います。どれだけ素晴らしいものがあったとしても、それを伝えてくれる人がいなければ、知ることはできません。素晴らしいものを知ることができれば、それを私にまで届けていただいた方への感謝の心が起きてきます。如来大悲を伝えて下さった仏教の先生のご恩も深く知らされ、「骨をくだきても謝すべし」と言われています。
法座のご案内
10月 秋季婦人会法座■
 10月20日(日)  13:00~15:00
 勤行・法話「正信偈に学ぶ」