WHAT'S NEWS
      2019.4.1  七高僧(ひちこうそう)
      2019.4.1  暮らしの仏教用語「超(ちょう)」
 

七高僧(ひちこうそう)

阿弥陀仏の本願の念仏が時代も地域も超えて
人々を救ってきた歴史。

  親鸞聖人は、釈尊の教えを正しく受けとめ、明らかにしてくださった方として、特に七人の高僧を大切にされました。インドの龍樹菩薩・天親菩薩、中国の曇鸞大師・道棹禅師・善導大師、日本の源信僧都・源空(法然)上人です。七人の方々はみな生きた時代も地域もばらばらです。その方々が、同じく阿弥陀仏の本願の教えをいただかれ、念仏の仏道を著書に記し、残してくださっています。その七高僧のことばは、阿弥陀仏の本願の念仏が時代も地域も超えて人々を救った証言にほかならないといえます。
法座のご案内
春季婦人会法座■
 4月21日(木) 午後一時
  勤行・法話 「正信偈に学ぶ」