徳山秀樹監修の書籍注文はこちらからどうぞ。 デイトレーダー徳山秀樹式月100万円が自然と稼げる!株の完全自動売買

Excel VBAプログラミングの参考書です。 やさしくわかるExcel VBAプログラミング

ライブドア証券の口座開設はこちらからどうぞ。 オンライントレードはライブドア証券で!

テクニカル分析における注目銘柄をメルマガにて配信しています。

Infomation

このページでは、私がブログ『徳山秀樹の株式投資入門』に記述した内容をまとめています。内容は適宜追加していきますが、一度書いた項目を訂正することもあります。

History

2005.12.10 新規公開

Index

[1] 中長期トレード概要
[2] 最近の状況について

[1] 中長期トレード概要

短期トレードの定義を1ヶ月以内とすれば、それを超えて保有するのが中長期トレードとなります。中期と長期の明確な区分けもないと思いますが、6ヶ月か1年あたりがその区分けになるでしょうか。中長期トレードの魅力は目先の動きにとらわれず、経済成長や企業の業績向上に乗って2倍以上の大幅な値上りを期待できる点にあります。またそれほどの値上りがなくても、配当や株主優待といった権利を得られるのも魅力のひとつです。

中長期トレードの判断には、短期トレードと同様にテクニカル分析も使いますが、短期トレード概要で述べた通り分析に用いる過去のデータを日単位のものでなく週単位や月単位にまとめて使ったりします。

それに加えて中長期トレードの判断に使われるのが、ファンダメンタルズ分析です。経済指標や企業の財務諸表を分析することで企業の先行き業績を予測し、それに比べて現在の株価が割安と思われる企業の株をじっくり保有するのです。

中長期トレードを行なうにあたっても、これらの要素をもとにしたルール作りが欠かせません。どういった条件で仕込むかだけでなく、どういった条件で手仕舞うのか、目論見通り動いた場合とその逆に動いてしまった両方の場合について明確なルールを設定して、それに従って行動することが望まれます。投資期間が長くなるだけに、あまりゆったりと構えていると株価が目論見に反して大幅に値下りしてしまい、何年も回復しないといったことにもなりかねません。状況の変化に応じて適宜軌道修正することは必要と考えます。

企業分析には通常その企業のホームページで公開されている開示情報や会社四季報などの情報を活用することになるのですが、具体的に何をしたよいか分からないという方も多いと思います。そこでおすすめしたいサイトがど素人の株日記です。有名なサイトなのでご存知の方も多いと思いますが、主宰者のなべさんが初心者に分かりやすい丁寧な説明で中長期を中心にした株式投資を解説しています。また別冊宝島『「ど素人の株日記」式 年収分を稼ぐ中長期株投資』も監修されていて、私も執筆の構成の参考にさせてもらったのですが、とても分かりやすくておすすめできます。

[2] 最近の状況について

最近になって村上ファンドが阪神電鉄やTBSの大株主として登場したり、楽天がTBSの筆頭株主となって経営統合を申し入れたりするニュースが新聞・テレビを賑わせており、デイトレーダーもちょっと影の薄い状況です。

後者はまた別として前者は中長期投資であり、その投資額の大きさから巨額の利益が得られる可能性を秘めているものです。これは前回書いたファンダメンタルズ分析によって企業の財務状況を徹底的に調べ上げ、割安と判断した株式をじっくり持つ戦略です。バリュー投資などと呼ばれたりもします。個人でもこうした手法をとる方は少なくなく、企業分析に通常その企業のホームページで公開されている開示情報や会社四季報などの情報を活用しています。同じような視点で阪神電鉄やTBS株を保有していた投資家は現時点でかなりの含み益となっていることでしょう。

前にも書きましたが私の投資手法とは明らかに異なるので、具体的に何をしたよいか分からないという方や単純に今後の展開に興味のある方におすすめしたいサイトが中長期投資を主に扱うど素人の株日記です。有名なサイトなのでご存知の方も多いと思いますが、主宰者のなべさんが初心者に分かりやすい丁寧な説明で中長期を中心にした株式投資を解説しています。私も今後チェックしていくつもりです。